読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

親子でお出かけ~横浜周辺の穴場探し~

気付けばずっと横浜市民。進学したり、就職したり、結婚したり、離婚したり、何回引越しても横浜市内。そんな横浜育ちも意外と横浜名所を知らないのです。小学生の娘と一緒に横浜再発見!本音で横浜の穴場を語るブログ。

よこはま動物園ズーラシアで効率良くラクダに乗る方法

気付けば10カ月近く放置してしまった当ブログ。反省しつつ、よこはま動物園ズーラシアで、効率良くラクダに乗る方法を解説してみたいと思う!

f:id:rakukatsu:20151107152115j:plain

最大のポイントは、よこはま動物園ズーラシアの「正門」ではなく「北門」から入ることだと私は思う!ズーラシアは広い。とにかく広くて歩いて移動するのは疲れるし、園内バスもあるにはあるが、タイミングによって善し悪しだ。平日は30分に1本、土日祝は15分に1本。

f:id:rakukatsu:20151107152318j:plain

ラクダライドは時間制で、10:00~11:15、12:15~14:15、15:15~16:00の3部制になっている。この時間を押さえておくことが非常に重要である。例えば、11時半にラクダライドに行ったとしよう。仮にすごく空いてる日だったとしても、12時15分まで乗ることはできない。ロスタイムが発生するのだ。

f:id:rakukatsu:20151107153227j:plain

ラクダライドの料金は一人500円。もちろんズーラシアの入園料は別途必要だ。身長100cm以上で体重100kg未満の人なら誰でも乗れる。子供だけじゃなく大人もOK。

f:id:rakukatsu:20151107153412j:plain

この日は日曜日、気候の良い秋、快晴であった。10時20分ごろズーラシアに到着し、10時半ごろラクダライドの受付をした。15分ほど待って…

f:id:rakukatsu:20151107154022j:plain

乗った~!!!ラクダさんは非常におとなしく、係員さんは非常に感じが良く、娘9歳は大喜びの大満足。

 

係員さんがベストポジションで撮影してくれて、1000円で買うことが出来るが、係員さんが子供に上手くポーズを取らせてくれるので、親が撮影したものでも充分キレイに撮れる。写真を撮る時は、親もラクダ乗り場の近くまで行くといいと思う!

f:id:rakukatsu:20151107154450j:plain

ちなみに、ラクダライドのすぐ近くに、別のふれあいコーナー、「ピグミーゴート(小型のヤギ)とのふれあい」というものがある。こちらは無料だし受付も不要なので気軽に参加できる。

f:id:rakukatsu:20151107154951j:plain

 が!!ヤギさんたちは結構気が荒く、そ~っと触らないと、「さわるんじゃね~よ!ボケ!」と言わんばかりに頭をブルンとふって威嚇してくる。小さいお子さんは怖いかもしれないのでお気をつけて。

 

今回我々は北口→「ラクダライド」→「ピグミーゴートふれあい」→「アフリカのサバンナ」→大型遊具で遊ぶ→「パンダマウスふれあい」→「わんにゃん広場」→正門というルートを回りました。とにかく広いので、どこかのエリアにしぼって回ることをお薦めする。パンダマウスとのふれあいもすごく可愛かったし癒されたので、次回レポートします♪

 

 【よこはま動物園ズーラシアのラクダライドまとめ】

・正門ではなく、北門から入るべし

・ライド実施時間を確認すべし

 

メインブログにも遊びにきてね!

single-mother.club

fanblogs.jp

www.instagram.com